歌詞投稿掲示板

フリー音楽素材 魔王魂

検索

 
キーワード
検索対象
検索条件
投稿

 

 
お名前
ゴットアローさん
投稿日
2008/01/11(Fri)06:20
投稿回数
0回
記事No
No.90

HeartEve

HeartEve

作詞:ゴットアロー

毎日君の事思いだして 顔中に笑顔を浮かべている
辛い時悲しい時君の笑顔 思うと一瞬で楽しくなる

二人過ごした 一年のその中では
ずっと互いに 深い愛感じてた
だから

Ah 聖なる夜には 世の中で一番の二人でいよう
Ah 僕らが目指した 幸せが溢れている二人でいよう
僕の中に描くよ 幸せを



クリスマスまず君に電話をして 一番最初にMerry Cristmas
言おうと思って意気込んでた なのに君から先にやられた

二人笑って 会話さえ出来なかった
きっと僕らの 幸せはこの中に
いつも

Ah 聖なる夜には 神様に僕ら二人祈っていよう
Ah 二人が出会えた その事に感謝をして笑っていよう
クリスマスの前には 胸揺れる



Ah 聖なる夜には 君の事離さないで一つでいよう
Ah 僕らが育てた その愛をただひたすら守っていよう

聖なる夜には 夜明けまで離さないで笑顔でいよう
Ah 聖なる夜には 心が震えるから掴んでいよう
クリスマスの前には HeartEve


 
 
 
お名前
ユーさん
投稿日
2008/01/11(Fri)06:20
投稿回数
0回
記事No
No.91

HeartEve

HeartEve

作詞:ユー

皆さんChristmasのディナーには
恋人か家族を誘いました?

私の場合はペットと二人
肩幅を狭めて泣いてました

隣に居ない君の影ただ愛しい
ふっと新たな人生を創ると祈った

流星の姿に舞い降りる雪の雫眺めていたの
目に映る光は雪の中そっと心落ち着かせてる

道の隅の氷は水になる


探した世界観の片隅に
昔に抱いた希望があった

明るく冷えていく大きな道
私は君の声を思い出す

いつかこの木の真ん中に手紙埋める
誓い交わした約束を今思い出した

向かった先の木は変わらずにずっと私を見つめている
あるかも分からない、けれどもいつも私は思っていたの

外に見える景色に色はない


木の下の手紙はボロボロになってたけど中身は読めた
”愛し君へ送る 僕の事忘れてくれ 自分を探せ”

泣いてた私の片隅に雪の華がそっと落ちゆく
流れる季節にもいくつかのハートイヴはあっても良いよ

私たちに委ねた恋のイヴ