歌詞投稿掲示板

フリー音楽素材 魔王魂

検索

 
キーワード
検索対象
検索条件
投稿

 

 
お名前
ユーさん
投稿日
2008/01/11(Fri)06:20
投稿回数
0回
記事No
No.81

Delvge

Delvge

作詞:ユー

街角の化粧店 いい香りの香水見つけ
買い物かごに入れた 君にあげようと思ったんだ

「ありがとう」その一言が 僕の気持ちの中で嬉しそうに

飾れない恋 もう少し信じて欲しいんだ
君だけに 愛を注ぐよ
飛び立てず愛 風も雨も見守っているよ
僕たちは 繋がっている

僕らの未来は見えはしないよ
涙消し新しい道へ



闇雲に現れる 「嘘」が僕の気持ちを埋める

過ちは誰にもある その言葉を誤解し行きすぎてた

本当の自分 見せられず君は僕を呼ぶ
隠さずに 話して欲しい
秘密にしてた 「ゴメン」と僕は謝るんだ
君は泣く 無理に笑う

現実と愛を比例しすぎて
泣かせない 約束するよ



実らない恋? 沈黙が広がっていくんだ
息を吸う 君は笑う
鎖と絆 僕達は結ばれているんだ
嘘じゃない 本当だよ

歪な曲線 心の中から消えていくよ
限りない愛が残るよ
救えない闇 その数だけ光も増えるよ
香水の匂いがした

二人で一緒に未来見つけて
限りない恋をして ほら、そこ”I love you”
Iei-!


 
 
 
お名前
ゴットアローさん
投稿日
2008/01/11(Fri)06:20
投稿回数
0回
記事No
No.82

Delvge

Delvge

作詞:ゴットアロー

君が僕の横を 通って行った時にいつも
いい香水の香り 僕に振りまいていたから

初めて嗅いだ時から 夢心地になるよ
君の香り

付き合ってから君に始めてあげた プレゼントの中身覚えてるかい?
君がいつも欲しそうに話していた 『Delvge』って名前の香水だよ
君が嬉しそうに笑ってるから 僕も今嬉しくなった



君が横に居ると いい香りが伝わってくる

永遠に魅せられてく 心は有頂天
君の香り

たぶんこれからどこかのお洒落な 店の中で『Delvge』の名前見たら
君の香りを完璧に思い出すんだろう 君の顔も一瞬で
頭の中でも君の顔は 笑っていていい香りもする



付き合ってから君に始めてあげた プレゼントの中身覚えてるかい?
君がいつも欲しそうに話していた 『Delvge』って名前の香水だよ
たぶんこれからどこかのお洒落な 店の中で『Delvge』の名前見たら
君の香りを完璧に思い出すんだろう 君の顔も一瞬で
忘れない離さない君の全て 何もかも愛しすぎるよ
Oh...!


 
 
 
お名前
ザ・ネイムレスさん
投稿日
2008/01/11(Fri)06:20
投稿回数
0回
記事No
No.83

Delvge

Delvge

作詞:ザ・ネイムレス

ジリジリ肌を焦がす 陽射し浴びて汗の粒 光る
君に視線奪われ 車止めて海へと誘う

OK? サイドシートへ あの時から二人 始まってた

 夏の日の午後 通り雨が過ぎた後
 空に 描かれた 虹追いかけ
 小麦色の肌 罪なほど艶(なまめ)かしい
 白く 眩しいよ 水着の跡

  少女が大人に 変わる瞬間の
  輝きを とらえそうだよ


キラキラ光る波に 夕日落ちて闇へと包む

低音 響かせ流す 車の中 二人 心解けて

 流れる星に 願いひとつ掛けるなら
 今が 永遠に 続けばいい
 名前だけしか まだ知らないこの夜に
 何か はじけるよ 恋の予感

  優しく抱き寄せ そっと口づけて
  君だけを 感じていたい

   ( Guitar solo )

 初めて開けた ピアスの痛みも消えて
 君に 退屈が 戻る頃に
 思い出してよ 暑い熱い夏の日を
 消えた アドレスを さがすように

 夏の日の午後 通り雨が過ぎた後
 揺れる 陽炎の 向こう側に
 幻じゃない 確かにあった love affair
 濡れた 花びらと 漏れる吐息

  初めて出会った あの瞬間の
  ときめきを また思い出す
  Ah 夏の香り



 
 
 
お名前
羽切 秋冷さん
投稿日
2008/01/11(Fri)06:20
投稿回数
0回
記事No
No.84

Delvge

Delvge

作詞:羽切 秋冷

眠い目をこすって
重い頭を持ち上げる
ふとテレビをつけたら
「8:00」(はちじ)の数字が目に入る

今から行けば間に合うかな?
焼けかけのパンくわえ飛び出した

駅まで続く坂道を
駆け上がっていく
朝陽を背中に受けて
電車の音が聞こえてくる
ギリギリセーフ?
そう信じ走っていく

満員電車を見送りながら
「休みにしちゃおうかな」なんて想う


次の電車で
結局仕事に向かっていく

遅刻は確実
テンションもまっすぐ急降下↓↓↓

まだ寝起きな僕の頭は
座った途端
夢の中へと誘われ(いざなわれ)
ぐっすりと眠ってる僕を乗せ
電車は走る
閉まったドアに目を覚まし

目的の駅を見送りながら
「・・・休みにしちゃおうかな」なんて想う

(間奏)

どうしようもない一日でも
凹む必要はない
気持ち切り替えちゃえばいい
明日になれば
また1日が始まる
そこで取り返せばいい

苦しいとき
何もかも上手くいかないとき
頭空にしてみよう
いろんなこと
抱え込んじゃってるのなら
打つ手なし?なんて時は

案外
「休みにしちゃおうかな」って思ってみたら楽かもね
Let's take a rest!
Do you see anything?


 
 
 
お名前
ジアークさん
投稿日
2008/01/11(Fri)06:20
投稿回数
0回
記事No
No.85

Delvge

Delvge

作詞:ジアーク

誰も知ることのない
未来がそこにあるのならば
情熱を忘れない
道標にして歩いていく

いつでも 心に夢を
どんな時代でも 君と出逢う

ツバサ広げた
僕たちは何をみつけるだろう
大切な仲間がいる
ここにあるのは
世界で一番だと誇れる
君たちの笑顔だった

これまで流した涙は ずっと
虹となり輝いている


(間奏)


どこまでも続く道
新しい風が吹いていく

いつでも 心に花を
どんな世界にも 必ず咲く

ツバサ失くして
道に迷うこともあるだろう
叶えたい願いがある
諦めないで 辿り着く
場所が例え果てでも
構わない 信じた道

一人で悩んで抱え込まないで
僕がいる みんながいるよ


(間奏)


ただがむしゃらに
でも懸命に歩いているよ
暗闇も走り抜けて

僕たちはまだ
本当のドキドキを知らない
君と今探しに行く
辿り着いたら
世界で一番だと歌おう
いつまでも忘れないで

永遠なんて
僕たちは望んでいないから
今だけを見つめている

限りがあるから 大切にしたい
少しづつ 明日を目指してる
ツバサ広げ


 
 
 
お名前
?さん
投稿日
2008/01/11(Fri)06:20
投稿回数
0回
記事No
No.86

Delvge

ログが消失してます。お手数ですが作者様はKOUICHIまで歌詞を送付して頂けると助かります。大変申し訳無い!!!


 
 
 
お名前
志頭留さん
投稿日
2008/01/11(Fri)06:20
投稿回数
0回
記事No
No.87

Delvge

Delvge

作詞:志頭留

太陽が光り輝く 地平線の彼方へ行こう
高鳴るエンジン 猛スピードで駆け抜けよう
誰もが知らない場所へ 強い風を追い越し 進んでいこう
燃えてる鼓動 熱く強く響けよ もう止められないこのパワー
真っ赤に燃える 太陽を目指して 俺の旅路はここが起点
たとえ辛い事があっても このパワーで乗り越えていこう

煌めく流れ星 夜空には綺麗な月
空はプラネタリウム 星空を駆け抜け宇宙の果てへ
輝く星座 夜空に浮かぶ魔法 永久に輝く伝説の勇者
星空越えて どこまででも行こう 夢の世界へ駆けていこう
自分の力を信じて進もう その先ではきっと夢が叶うはず

間奏

燃えてる鼓動 熱く強く響けよ もう止められないこのパワー
真っ赤に燃える 太陽を目指して 俺の旅路はここが起点
輝く星座 夜空に浮かぶ魔法 永久に輝く伝説の勇者
星空越えて どこまででも行こう 夢の世界へ駆けていこう
たとえ辛い事があっても このパワーで乗り越えていこう
さあ このパワーで