歌詞投稿掲示板

フリー音楽素材 魔王魂

検索

 
キーワード
検索対象
検索条件
投稿

 

 
お名前
音色響さん
投稿日
2016/03/24(Thu)12:02
投稿回数
3回
記事No
No.26

想いをのせて

作詞:音色響


たくさんの夢
キミが築いてくれた
仲間との絆 僕ら忘れない

想いを胸に
掲げたこの瞬間(とき)から
ずっと一緒だと
皆信じ頼っていたよ

それがいつも 当たり前と
疑い無く
共に歩き 共に笑い
喧嘩もしたね

君に届け 僕の想い
いつもわがまま言っていた
そんな僕にいつも君は
いつだって優しく
接してくれたね


僕らずっと 忘れないよ
君のくれた
かけがえない 思い出たち
胸に刻むよ

ありがとうとごめんなさい
皆 ずっと側にいるから
これからも君の残した
宝物 握りしめて

永遠になれ 君の想い
一度足りとも忘れない
素敵な出会いをありがとう
安らかに・・・

今眠れ・・・・


 
 
 
お名前
sakiさん
投稿日
2013/12/01(Sun)09:00
投稿回数
1回
記事No
No.2

Winter road

カラオケ素材の所のWinter roadに歌詞をつけさせて頂きました~。
製作中のゲームのED用です。

また朝がきて
夜になって眠るの
掴み取った幸せ
欠けた いびつな形

泣きだしそうな 空と重なる表情
強欲な私は これ以上
何が欲しいのか

共に笑い 共に背負い
大事な場所

嘘じゃないよ 大切だった
それでも、私は

聞いてみたい 聞いてみたい
罪深くても 愛してる
傍に居ていいですか
そのためなら
その罪も 悲しみも受け止めるよ

強くなるよ 優しくなるよ
交わした誓い

強くなったよ 優しくなったよ
でも一人きり

大好きだよ 大好きだよ
遠回りばかりしたけど
もしもあの時に 戻れるなら
もう瞳 そらさないよ

これで終わり これで終わり
それぞれが選んだ 道だから
別れの涙は いらない

思い出は この胸に


 
 
 
お名前
討伐隊さん
投稿日
2008/01/11(Fri)06:20
投稿回数
0回
記事No
No.48

WinterRoad

WinterRoad

作詞:討伐隊

寂れた心
冷たい冬の風が
肌つつきながら
心をいじめる

光る街灯
明るく道を照らす
けど心はまだ
寂れたまま彷徨い歩く

風が吹いた 冷たい風が
冬の道 winterroad
また会いたい でも会えない
別れた君と

あの時の 思い出今
蘇り心苦しむ
また会える 信じ続ける
約束の思い出のあの場所で


思い出の場所
君と出会った公園
思い出すたびに
心熱くなる

楽しい日々は
もう過ぎ去ってしまい
残ったのはただ
愛別離苦の深い思い

電話をした また会おうと
君は喋らずに
電話切った 僕は泣いた
もう会えないと

暗闇に堕とされた
僕の心の中では
君との思い出がまた
ひとつずつ ひとつずつ 消えていく


風が吹いた 冷たい風が
冬の道 winterroad
また会いたい でも会えない
別れた君と

あの時の 思い出今
蘇り心苦しむ
また会える 信じ続ける
約束の思い出の

僕は立った あの場所に
君が来ることを信じて
君は来た 僕の後ろに
抱きしめた 泣きあった
lalalala....

(ピアノの主旋律が流れたら)
風が吹いた 冷たい風が
あの場所でlululululu(ハミング)


 
 
 
お名前
ユーさん
投稿日
2008/01/11(Fri)06:20
投稿回数
0回
記事No
No.49

Winter Road

Winter Road

作詞:ユー

古いアルバム
思い出なんかは無い
錆びた感情を
むき出しにしてる

途切れた心
またいつも変わらずに
迷路を彷徨い続けては叫び続けてる

この世界は乾き果てて
『潤い』という
感情だけを
求めている
ただそれだけを...

@苦しめば苦しむほどに
僕は壊れていきそうで
時の道標頼りに
少しずつ真実を@追い求める

初めての恋
君と過ごした食事
満悦な表情
時間は過ぎてく

記憶の欠片
冬の道路の中で
凍え君の声
聞き取れずにいた僕がいる

過ちなど気にはしない
君がいれば
でも切ない
もう会えない
声も聞けない

『さよなら』とかじゃ足りないね
もっと踏み込まなきゃ僕は
また孤独の旅一人で
Winter Road 進むよ僕は
一人で

振り返らない
過去のことは
でも恋しくて
忘れないよ
君が忘れても
また会えるから...

【@×1繰り返し】

『愛している』じゃ足りないね
もっと踏み込まなきゃ僕は
今度は一人じゃないから

Winter Road 進むよ僕達






 
 
 
お名前
羽切 秋冷さん
投稿日
2008/01/11(Fri)06:20
投稿回数
0回
記事No
No.50

Winter Road

Winter Road

作詞:羽切 秋冷

-1
言葉にならない
静寂が広がっていく
此処に君がいない・・・ただそれだけで・・・。

音一つない
この部屋は寒すぎて・・・。
孤独な心まで わずかな涙まで凍らせる

君という人の大切を知らなかった・・・。
離れることでしか 失うことでしか 気付けなかった

穴の開いたこの心は 痛みさえも失い
君との想い出だけが
いつまでも いつまでも残ってる・・・

-2
月日が流れ
一人にも慣れ始め
あの痛みもさへも想い出に変わる

寒い季節が
この部屋に訪れる
寒さが二人の想い出を甦らせる

この部屋でいつも二人 暖めあい
お互いのこと これからのこと 語り合っていた

忘れたはずのこの想いは まだ心に残って
涙と共に流れ
とめどなく とめどなく溢れていく・・・

君という人の大切を知らなかった・・・。
離れることでしか 失うことでしか 気付けなかった

また冬が訪れ 雪が君との想い出を語る
逝き場のない この哀しみは
この雪の中に溶けて
この長い永い 道の先に君は眠る・・・
君と二人歩いた
この道の向こうに・・・。


(最後のピアノが入ったあたりから、イメージとしてはセリフのように、少しずつフェイドアウトするイメージ)

― 失われし人は消えはしない
   ― だれかの想い出の中で生き続けることが出来るのならば

― 想い出の中でしか生きられない 貴方
   ― 貴方と生きよう いつまでも・・・この想い出と共に・・・。



 
 
 
お名前
ゴットアローさん
投稿日
2008/01/11(Fri)06:20
投稿回数
0回
記事No
No.51

Winter Road

Winter Road

作詞:ゴットアロー

冬の道には 雪が積もっている
清らかな白が まぶしく光る
最後に君と 逢った日もこうだった
寒い公園で 別れ話を切り出された

遠く遠く目指した日々 君と二人で
もう届かない君の姿 思い描く

幸せだったあの頃の日々 大切な物があったよ
僕の前にはもう居ない 本気で愛した人だったのに



「君に教えた 僕の電話番号
もう消されてるかな」 思う胸痛い
毎年冬が来る その度思い出すよ
雪のように白い 君のその美しい肌を

もう戻れないあの頃の日々 君と愛した
君に逢いたい 君に触れたい もう出来ない

僕の名前を呼んでいた声 今もすぐに浮かんでくる
まるであれから何一つ 変わっていないように思えるよ



遠く遠く目指した日々 君と二人で
もう届かない君の姿 思い描く

震える腕止まらないよ 君と並んだ写真見て
あの頃の僕ら笑顔で 幸せを感じていた

あの頃に戻れるなら きっと強く抱きしめるよ
壊れるぐらい掴まなきゃ また消えてしまうから