歌詞投稿掲示板

フリー音楽素材 魔王魂

検索

 
キーワード
検索対象
検索条件
投稿

 

 
お名前
音色響さん
投稿日
2016/03/24(Thu)12:19
投稿回数
5回
記事No
No.28

LOVE WIND

作詞:音色響

ずっと待って居てたの
あなたに会えるかもねと
どんな格好しようか
悩んでた日々

どーすれば良いのよと
悩んだらあっという間に
私の部屋中が
洋服まみれ

あー 片付けしなくちゃ
あー だけど私には
時間が足りない

お願い私の神様
何とか時間を増やして
どこに何があるのか
サッパリわからない

今日こそ目覚ましの時間を
出掛ける3時間前にして
遅刻なんて厳禁
明日は初デート♪


目覚ましに起こされ
今日は彼と初デート♪
なのに何でかしら
二度寝しちゃった

慌てて飛び起きたら
髪の毛が大爆発!?
もうどうしようもない
完全に遅刻だ!

あー 彼に嫌われる
ねえ 誰か魔法で
時間を戻してよ

お願い私の神様
今すぐ私を連れてって
彼との待ち合わせの
あの時のあの場所へ

落ち込んでいたらその時
彼から届いたメールに
「今起きた、遅れるよ」との
嬉しいメッセージ


あー 私の神様
ねえ 影から私を
見守ってください


お願い私の神様
何とか時間を増やして
彼と二人きりの時間
もっと欲しいから

お願い私の神様
今すぐ私を連れてって
永遠に誓いますそして
良い子になります

お願い私の神様
二人の時間を増やして
彼との待ち合わせの
あの時のあの場所へ

お願い私の神様
何とか時間を増やして
この先に何かがあっても
ずっと付いていくから


 
 
 
お名前
風時さん
投稿日
2008/01/11(Fri)06:20
投稿回数
0回
記事No
No.45

LOVE WIND

LOVE WIND

作詞:風時

さみしげに笑う
君の横顔を
ふと見てしまった時から何故か
色の無い風景
セピア色の世界
君だけが原色をまとって

人に恋をする
気持ちを知った今の俺は not wing

あの時俺が偶然に 
無理して笑う君見なきゃ
今のこの気持ちは感じられないだろ
気付いてくれよこの心 
持ち続けるのは不可能
救ってくれるのは 
君が持ってるlove wing


辛いことがあると
君の顔が浮かぶ
泣きそうな君の笑顔浮かぶ
俺だけがわかる
無理してる君を
心の中だけで呟いた

いつか君の瞳(め)が 
俺だけを見てくれるように祈る

この想いは重たすぎて 
君が羽をつけてくれなきゃ
俺は君を見つめることすら出来ないよ
気付いてもらえないのなら 
気付かせるしかないんだよ 今君を見つめる 
そして立ち上がる when love?

君に声をかけ
呼び出したときの鼓動が俺のmind

人気の無い校舎裏
俺は同じことを呟く
「君が好きだ」とただ 
それだけの言葉が
あれだけ練習したのに 
いざとなると言えなくなる
やっと出てきた言葉 
君に伝わるかな?
「あの時俺が偶然に
無理して笑う君を見た。
そのときから君が君だけしかいない」
言いたいことは言い終えた
僕だけを君が見つめる
はじめてみた君のホントの笑顔に love wing


 
 
 
お名前
ユーさん
投稿日
2008/01/11(Fri)06:20
投稿回数
0回
記事No
No.46

LOVE WIND

LOVE WIND

作詞:ユー

暖かい掌 凍えた君の声
不釣り合いな君から感じる愛
相槌をうって 彼女をドライブに
誘った僕の声は裏返った

あの時流した 音楽は僕が好きだった「LOVE WIND」

彼女を見るたびに僕は 顔が赤くなってしまう
好きだったからなのかな? もどかしさ隠せない
桜舞う季節に一緒に 創った数々の思い出
杯は要らない 僕は忘れない…君を



初めて気付いた 彼女の心境は
僕の想いと正反対で
しったかしていた 何も解らずに、ずっと
ホントの自分見せられないまま

君は嫌いだった 何も知らずにかけた曲「LOVE WIND」

俺には羽はないけれど 護ってあげることできる
失うものないから けして怖くないから
僕は心の窓を開け ずっと君を待っていた
愛したのは君だけ 君は忘れない?・・・僕を



君も好きになった 会えなくなっても愛した「LOVE WIND」

俺には羽はないけれど 護ってあげることできる
失うものないから けして怖くないから
僕は心の窓を開け ずっと君を待っていた
愛したのは君だけ 君は忘れない?・・・僕を

彼女を見るたびに僕は 顔が赤くなってしまう
好きだったからなのかな? もどかしさ隠せない
桜舞う季節に一緒に 創った数々の思い出
杯は要らない 僕は忘れない…君を





 
 
 
お名前
ゴットアローさん
投稿日
2008/01/11(Fri)06:20
投稿回数
0回
記事No
No.47

LOVE WIND

LOVE WIND

作詞:ゴットアロー

昨日までの僕 いつもショボクレテ
ただ君の事思っていたんだよ
今思ってみれば あの時の僕は
ストーカーの一歩手前だったね

でもやっと君への 愛の矢を撃てたから僕は御機嫌

君は僕のこの気持ちを 静かに受け止めてくれた
微笑む横顔には ほのかにピンク浮かぶ
今すぐ抱きしめたいけど それにはまだ早過ぎるかい?
まだ二人の間は 静かなLOVE WIND



朝起きてみても まだ夢の中の
フワフワした気持ちが抜けない
「たぶんその理由(ワケ)は 君のせいだよ」と
何となく空に向けて言った

二人の愛はまだ 深くなり続けているその途中さ

もう何度かキスもしたね 抱きしめる事も毎日
君が幸せならば 僕も幸せなんだ
最初は抱きしめる事も 何か難しかったのに
もう二人の間に 暖かなLOVE WIND



時間が過ぎていく 体を重ねるようにもなったよね



君に指輪を贈ったら 君が笑顔で頷いた
二人の間に強い LOVE WINDが吹いた
今君のお腹の中に 僕らの子供もいるしさ
ついに二人の間 深いLOVE WINDが

幸せに暮らしていこう 死んでも一緒にいようよ
二人包むこの風 変わらないLOVE WIND
終わらない幸せな日々が 僕らの心満たしてく
どんな時でも吹いてる この風はLOVE WIND